死亡の可能性も・・・

様々な美容外科で起きている

美容外科で起きる事故の中には、死亡事故があります。
死亡事故は、1つの美容外科で発生しているのではなく、数々の美容外科で起きています。
中には、国内のみならず海外からも高い評価を得ている美容外科もあります。

名の高い美容外科

美容外科で顎周辺の整形の最中に、死亡事故が起きた事例があります。
この事故が起きた時に行っていた施術は、顎周辺の脂肪吸引と顎の骨を削る整形でした。
整形の最中に、患者の様態が急変しその後病院へ搬送されたものの息を引き取るという結果になりました。
この整形を行った美容外科は世界的に評価も高く、多くの人に衝撃を与えました。

麻酔の量

美容外科で起きた死亡事故には、投与する麻酔の量が適切で無かったために死亡事故へとつながった事例もあります。
当時、患者が行った整形は脂肪吸引と豊胸手術であり、投与された麻酔の量がメーカーが示す10倍となっていました。

一般的に整形を行なう場合、患者に痛みを感じないよう麻酔が行なわれます。しかし、この麻酔は全てのケースにおいて同じ内容で行なうのでなく、施術ごとに適した方法で行います。
例えば、全身に行なう場合もあれば局所のみに行なう場合もあります。また、注射によって体内に投与する場合もあれば、クリームを塗布して麻酔を効かせる方法もあります。
このように色々な方法がありますが、共通しているのは正しい量の麻酔量を使用する事です。
ですが、ここで事故を引き起こしてしまった美容外科は適切な麻酔の量を使用しておらず、結果患者は多臓器不全によって命を失いました。